*

2014ワールドカップ、日本は予選敗退でしたね

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 未分類

今朝5時・・・
いつもはねぼすけの我が家の子供たちも
こぞって起きだしてきて、ワールドカップの日本VSコロンビア戦を応援しました。

あとがない日本。

がけっぷちの日本。

だけど、最後の勝利を信じています。

結果は、1-4。コロンビアの勝利。
日本は一勝もできずに予選トーナメント敗退が決定です。

FIFAランク8位のコロンビアに46位の日本では太刀打ちできなかったのかもしれないですね。

最後は、ファリド・モンドラゴンという43歳のゴールキーパーが出場、
ワールドカップ最年長出場記録を達成するのに一役買ってしまうという、、、

コロンビアに勝とうなんて、
決勝トーナメントに進もうなんて、

まだまだ日本のサッカーは発展途上なんだな。と
ちょっぴり切なさも感じました。

サッカーをやってる子供のママとしては・・・

(比べるのもおこがましいが)負け方が、長男のチームにそーーーーっくり

と思いました。

最初にPKで先制されたとき、
「ヤバい」と全員が思ったと思います。
がけっぷちのギリギリに立たされているのに、「このままじゃまずい」と
心臓の鼓動がより速くなったけど・・・

そのあと前半に、岡崎のシュートで同点においついたとき。
このときに

「いけるかも!!」

と思ったのもつかの間

後半すぐに逆転され

そして追加点

なんとなくコートジボアール戦を彷彿とさせ
敗色濃厚・・・アディショナルタイムにベンチの香川がテレビに映っていましたが
泣きそうに見えました。

まだ、アディショナルタイムは残っているのに

負けるにしても、1点返してからにしたいのに

試合終了・・・orz

そのあとの選手のインタビューは、
なんとなく気の毒で見ていられませんでした。

ブラジルワールドカップの試合はどれも、

「すごい!やりきった!!でも負けた」

っていうのではなくって、

「あれ・・・?負けちゃう・・・?」みたいな感じ。

メンタルが弱い、ということになっちゃうのかもしれませんが
大舞台を前に緊張しすぎてるみたいな気がしました。

リラックスしてます、リラックスしてます、みたいなことを言ってても所詮リラックスできないのなら
緊張しまくってます!!みたいに認めてしまったほうが
ラクなのかもしれないね。

ちなみに兄の所属するチームが負けるパターンはこのパターンが多くて、
追加点決められてチーム全体に重い空気が流れ
もうどうしようもなくて終了のホイッスルを待つ、という感じ。

図々しさが少々足りないのかもしれません。

でも!とにかく!!
お疲れ様でした。

日本にはどんな顔をして帰ったらいいんだ・・・なんて思わずに
今回の負けを整理して次の勝利へつなげます、と言って帰ってくればいいと思います。

ウッチー、すぐに代表引退とか言わないようにね。

本田が
「いままでのことを全て否定するところからはじめなくちゃいけないくらいだ」
と悲壮な顔をして言っていたけれど、

そんなふうに考えていられるなんて
さすが本田だな、と思いました。

まだまだ発展途上の日本のサッカー。
成長していくのを応援できるなんて、とってもうれしいです。

あと、
ザッケローニがいなくなるのがさみしい。。。

PS.個人的には斉藤学を出してほしかった・・・・

広告

関連記事

soccer

クラブチームでサッカーをする中学生は、帰宅部の扱い

寒い季節ですね♪ 我が家の長男も 公立中学校+クラブチームサッカーの生活をはじめて

記事を読む

selection

セレクション、色々。

各クラブチームのセレクションも大詰めの段階に入りました。 セレクションは何度か行われることが多

記事を読む

photo2

クラブチームの中三はいつ引退するのか?

中学三年生といえば高校受験。 我が家の長男も、中三になり受験を意識するようになりました。

記事を読む

広告

広告

PAGE TOP ↑